News&Topics

会議・研修 1学年 服育セミナーが行われました。

 令和4年5月17日6時間目の総合探究の時間に福島菅公学生服株式会社 吉田裕様をお迎えして、「服育セミナー」が行われました。

 初めに「なぜ、制服はあるのか?」など制服の役割の話や「着こなしのルール」、プライベートウェア、オフィシャルウェア、フォーマルウェアの違いなど講話を受け、後半はネクタイの上手な結び方のコツなど実践練習を行いました。

 今回のセミナーで学んだことを身に付け、上手にネクタイを結び、かっこよく制服を着こなして欲しいと思います。 

 

 制服についての役割など   皆、一生懸命練習しました

 

  なお、1年生の夏服の受け取りは5月28日(土)~になっておりますので、ご確認お願いいたします。 

お祝い 令和4年度入学式が挙行されました。

 4月11日(月)、令和4年度入学式が執り行われました。
 ご来賓、保護者の皆様が見守る中、新入生12名の1人1人の名前が呼名され、学校長より入学が許可されました。

 学校長から「新たな出会いを大切にすること、努力を惜しまないということ、命を大切にしてほしいということ」の3つのお願いの話がありました。

 それに応えて、新入生を代表して丹野光さんが「勉学や部活動、ボランティアなどに積極的に取り組み、多くのことを得て、梁川高校最後の入学生としての誇りと責任を持ち、高校生活を実りあるものにしていきたい。」と誓いの言葉を述べました。

 

誓いの言葉を述べる丹野光さん 入学許可された12名

東日本大震災に関する講話

 令和4月3月18日(金)の終業式の日に校長先生から東日本大震災に関する講話がありました。先日、起こった福島沖地震にも触れ、伊達市や福島市では震度6弱という大きな地震の中で、生徒の皆さんや先生方に人的な被害がなかったことや先生方が校舎の被害状況を確認し安全が確認ができたことから、本日の終業式が行われたことも話をされていました。東日本大震災から11年経過した今でも、地震を含めた自然災害がいつ起こるかわからないことや、原発事故に起因する「フクシマ」に対する風評被害が現在でも続いている現状、また、ロシアがウクライナに侵攻し世界が目まぐりしく変化していることも含め、「フクシマ」が世界からどのように認識されているのか、今後他国とどのように関わっていくのが良いのかなど、春休みに考えてほしいという内容でした。ぜひ、生徒の皆さんは他人事として捉えず身近に起こっていることであると認識し、今後も自分で考え行動してほしいと思います。

   
東日本大震災の校長先生の講話 校長先生の講話を聞いている様子①
校長先生の講話を聞いている様子② 校長先生の講話を聞いている様子③