カテゴリ:学校行事

第1回防災避難訓練

 6月17日(水)の6校時目の時間に、梁川高校グラウンドにて地震を想定した第1回防災避難訓練が行われました。

 生徒たちはサンダルのまま、頭を守るものをもってすみやかに避難をしていました。

 校長先生の講評では、避難する際に大事なこととして、
 「①学校の先生や施設の責任者から出される指示をしっかり聞くこと」、
 「②落ち着いて行動すること」、
 について話がありました。

 その後生徒は各教室へ戻り、放送で「防災クイズ」に取り組みました。学校内に消火器が何個あるか、AEDはどこに設置してあるかなどのクイズに対し、真剣に考えていました。

 今回の避難訓練を通じて、生徒たちの防災への意識が高まっているようでした。

 

生徒総会

 6月15日(月)の6校時に、放送による生徒総会が行われました。

 当初は体育館での開催予定でしたが、新型コロナウイルス感染症対策のため、各教室で行われました。

 初の試みでしたが、生徒会役員を中心に会は円滑に進みました。代表で各議事を説明する生徒は、自分の順番になると

教室から放送室へ移動し、終了後は速やかに戻ることで感染症対策を意識しながら行うことができていました。

 また、教室で放送を聞いている生徒たちは、事前に配布された生徒総会資料を基に議決を行いました。

 さらに各クラスからの要望を生徒会に事前に提案するなど、生徒たち自身が積極的に梁川高校の今後について考えを深

めることのできた総会でした。

スマホ・ケータイ安全教室

 「スマホ・ケータイ安全教室」が1学年ずつ6月10日(水)から12日(金)までの3日間にわたり行われました。会場は座席と座席の間隔を取るために視聴覚室を使い、換気を行いながら開催しました。

 生徒たちは、実際に起こりうるインターネット上の様々な問題について、頷きながらDVDを視聴していました。DVD内には「原因を踏まえ、一方的に責めず、相手の話を聞くこと」、「ネット上の人物に対して、疑ってかかるくらいの慎重さが必要であること」などのメッセージがありました。

 生徒指導部長の先生からは、普段の自分の生活で危ないところはないか、ゲーム依存症になっていないかなどの確認がありました。

   生徒たちも改めてスマホの使い方に危機感を持つことができました。

 

お祝い 令和2年度入学式が挙行されました

 4月9日(木)、令和2年度入学式が執り行われました。
 当日は、新型コロナウィルス対策のためご来賓の皆様の出席は叶いませんでしたが、保護者の皆様が見守る中、新入生27名の1人1人の名前が呼名され、学校長より入学が許可されました。

 学校長から「梁川高校での3年間で自信と誇りを持って欲しい」と努力を重ねることの大切さのお話があり、それに応えて、新入生を代表して大塚望乃華さんが「自分自身と向き合い、将来を見据えて学業や部活動、学校行事に取り組んでいきたいと思います。」と誓いの言葉を述べました。

 

呼名される新入生27名 代表宣誓を述べる大塚望乃華さん

出張・旅行 修学旅行3日目最終日その2

 今朝は6時起床というスケジュールでしたが、全員寝坊せず起きてきました。

 大阪城は天守閣まで八階分の階段を登りました。階段がこたえていた者もいたようです。抜けるような青空に金の装飾が輝き、きれいでした。また、天守閣からの眺めも素敵でした。

 大阪歴史博物館では大阪の歴史展示を眺め、お土産を購入。

 お昼ご飯はヒルトンホテルで、一流のお料理を何度もおかわりして食べていました。

 17:00東京駅発、18:32福島駅着の予定です。

 

電車 修学旅行2日目です!

 修学旅行二日目の様子について報告します。今日は朝から班別自主研修に向かいました。少しでも早く出発しようと朝食を急いで食べている班もありました。

 京都を再び巡る班と大阪を巡る班に分かれ、おおむね計画に沿って行動できていたようです。大阪を巡る班は道頓堀の食べ歩きをしたり、海遊館で魚を見たりなど大阪ならではの体験をしていたようです。その後全員がUSJに集合し、ジェットコースターに乗るなどして楽しんでいました。

出張・旅行 修学旅行1日目!

 修学旅行一日目の生徒の様子について報告します。京都駅に着いてすぐ、市内の地下街「ゼスト御池」にて「郷土PR体験」を行いました。

 京都の方々に地元伊達市の特産品を無料配布し、喜んでいただきました。

 その後各班に分かれ、班別自主研修に向かい、京都の観光を楽しみました。

 歴史ある建造物を訪ねたり、名産品に舌鼓を打ったりなど、充実した内容になったようです。

 

   

 

 

お祝い 創立百周年記念式典が挙行されました

 11月2日(土)県知事 内堀雅雄様をはじめとする多数のご来賓の皆様、同窓生の皆様にご臨席いただきまして、創立百周年記念式典が厳粛に執り行われました。

 

 高澤正男校長が「創立以来、その有為な人材が県内外を問わず各界で活躍を続けられ、母校の名を高められていることを思うとき、伝統の重みを感じざるを得ません」と式辞を述べ、生徒を代表して3年結城亮太君が「保原高校と統合した後も、新しい高校として生まれ変わり、初心に戻ってまた輝かしい実績を作っていってほしいと思います」と挨拶を述べました。

 

 式典の後は、記念公演といたしまして、村上ファミリーによるオペラコンサートが行われ、初めてオペラに触れる生徒はとても貴重な経験となりました。

 

 お忙しい中、ご臨席いただきましたご来賓の皆様、同窓生の皆様、コンサートを行っていただきました村上ファミリーの皆様、ありがとうございました。

 

内堀知事 生徒代表挨拶
~内堀県知事~ ~生徒代表・結城亮太君~

 

村上ファミリー

記念公演~村上ファミリーコンサート~

会議・研修 「高校生のための栄養講座」が行われました

 10月1日(火)1年生を対象に伊達市中央給食センターの栄養教諭・佐藤香代子先生をお招きして、「高校生のための栄養講座」が行われました。 

 朝食を食べない人は学力が低下したり、肥満になるのは朝食を食べている人の5倍であるという話に生徒は驚いていました。また、お弁当のチェックするポイントなども教えていただき、生徒たちは、今後の食生活をより良くしていきたいと、真剣に資料に見入っていました。

 

高校生のための栄養講座の様子 生徒の様子
~高校生のための栄養講座~ 真剣にチェック票に取り組んでいます。