News&Topics

梁華祭(一般公開)のご案内とお願い

【ご案内】

 来年度から、保原高校との統合により「伊達高校」となる梁川高校にとって

最後の公開文化祭となります。

 ・メインテーマは「最後の梁川」   ・サブテーマは「梁川高校は永遠に~」

メイン企画は、『縁日企画』・お祭りで盛り上げます。

     (新型コロナウイルス感染拡大防止のため、飲食の提供はありません)

 日 時 11月3日(木) 9:30~14:15 (最終入場 13:45)

 会 場 梁川高校 北側前庭

 

【お願い】

 ・駐車場に限りがございますので、公共交通機関の利用をお願いします。

 ・悪天候の際は、中止とさせていただく場合もあります。

 ・新型コロナウイルス感染予防対策徹底のご協力をお願いします。

  (体温37.5度以上の方、体調不良の方等のご来場はご遠慮ください)

  (なお、来場者が集中した場合は、一時入場を制限させていただく場合があります)

 

! ”届けよう、服のチカラ”プロジェクトについて

 私たち、1学年は今年度、総合探究の活動の一環として、ユニクロが主催する”届けよう、服のチカラ”プロジェクトに参加しています。

 

今回、梁華祭を利用して、不要になった服を回収し、ユニクロを通して難民キャンプに届けます

回収するのは子ども服(赤ちゃん用~160cmまで)です。

夏服でも冬服でも構いません

ユニクロ・GUの製品でなくて大丈夫です。

着られる状態のものを洗濯をしてお持ちください

ご協力よろしくお願いします。

 

回収日:11月3日(文化の日) 9:30~13:30

場所:梁川高校 体育館(”届けよう、服のチカラ”プロジェクトブース)

注意:(1)肌に直接触れる下着や靴下、帽子・靴・マフラー・ベルトなどの小物類は回収しません。

   (2)迷彩・武器・ドクロ・血液の柄の服は難民の子どもたちのつらい経験を思い出させる可能性があるため、回収できません。

だて市政だより「伊達9月号」に「伊達高校」が特集されました。

 令和4年8月25日付で発行された、だて市政だよりN0.199「伊達9月号」に、令和5年度4月に梁川高校と保原高校が統合して開校する「伊達高校」の特集記事「100余年の伝統をつないで ~梁川高校・保原高校最後の夏~」が掲載されました。

 第1章、2章では「梁川高校の歩み」「保原高校の歩み」、第3章では「思いは伊達高校へ」、表紙・目次を含め9ページにわたり関連記事が掲載されています。

 福島県伊達市のHPにて閲覧、ダウンロードできます。 

 https://www.city.fukushima-date.lg.jp/soshiki/5/54000.html

 

第2学年企業・上級学校見学会

7月14日(木)、第2学年企業・上級学校見学会に行ってきました。

大久自動車販売㈱ではこれから販売する自動車にドアバイザーを取り付ける作業を体験させていただいたり、パワーポイントで会社や自動車販売業の説明を受けました。㈱永沢工機では実際に作業されている工場内を見学しながら説明を受けました。午後はFSGカレッジリーグの各専門学校に分かれて、体験授業を行いました。1年後の進路を考える有意義な1日となりました。

第1回朝のあいさつ運動

6月1日(水)8:00~PTA主催の第1回朝のあいさつ運動を実施しました。生徒たちは、参加された保護者の方々にさわやかなあいさつを返していました。朝早くから本校生徒のためにありがとうございました。

 

 また、本日は衣替えでした。1年生は、初めての夏服に身を包み登校していました。

会議・研修 1学年 服育セミナーが行われました。

 令和4年5月17日6時間目の総合探究の時間に福島菅公学生服株式会社 吉田裕様をお迎えして、「服育セミナー」が行われました。

 初めに「なぜ、制服はあるのか?」など制服の役割の話や「着こなしのルール」、プライベートウェア、オフィシャルウェア、フォーマルウェアの違いなど講話を受け、後半はネクタイの上手な結び方のコツなど実践練習を行いました。

 今回のセミナーで学んだことを身に付け、上手にネクタイを結び、かっこよく制服を着こなして欲しいと思います。 

 

 制服についての役割など   皆、一生懸命練習しました

 

  なお、1年生の夏服の受け取りは5月28日(土)~になっておりますので、ご確認お願いいたします。 

お祝い 令和4年度入学式が挙行されました。

 4月11日(月)、令和4年度入学式が執り行われました。
 ご来賓、保護者の皆様が見守る中、新入生12名の1人1人の名前が呼名され、学校長より入学が許可されました。

 学校長から「新たな出会いを大切にすること、努力を惜しまないということ、命を大切にしてほしいということ」の3つのお願いの話がありました。

 それに応えて、新入生を代表して丹野光さんが「勉学や部活動、ボランティアなどに積極的に取り組み、多くのことを得て、梁川高校最後の入学生としての誇りと責任を持ち、高校生活を実りあるものにしていきたい。」と誓いの言葉を述べました。

 

誓いの言葉を述べる丹野光さん 入学許可された12名